====================== Solution Forcus Buddhism こころ寺子屋 ======================
宗教でも哲学でも学問でもなく、生き方としての仏教"菩薩道"。
それは自分も周りも皆が笑顔になる為の自己修練の道です。
自分に人に社会にいいことしよう!がコンセプトのTERAKOYA eduが主催する、 解決志向仏教を活用して人間力を向上する〜全六回講座こころ寺子屋が、あなたの人生を応援します。
あなたの悩み解決できます。もう一人で悩まないで!

信仰儀礼型仏教から解決志向型仏教へ


『こころ寺子屋』では「自己の問題解決」と「人の為にという生きがいの創造」を目的として情報発信しています




あなたは今どんな問題に悩んでいますか?
ストレス解消法でニコニコ
仕事のこと? 恋愛のこと? 家族のこと? 人間関係のこと?
先のことを考え心配したり、やってしまったことに後悔したり、人と比べてブルーになったり・・・

そしてこんなことに悩んだりしてませんか?
毎日イライラしてばかり、ストレスでしんどい、マイナス思考な自分が嫌、やりたいことがみつからない、自分に自信が持てない、人生に充実感がない、心豊かでありたい、精神的に成長したい、もう傷つきたくない、傷つけたくない、自分を変えたい、人生をもっとよくしたい・・・

悩みや問題を持っていることは特別悪いことではありません。
問題なのは、その問題がある限り自分は幸せになれないと思ってしまっていることです。

今日までよく頑張ってきましたね。もう十分すぎるほど悩んできたんですから、そろそろ終わりにしましょうよ。
私もそんなうちの一人でした
はじめまして、こころ寺子屋を主宰している僧侶の名和英海と申します。

私は幼少より親の目・人の目を気にする神経質な人間でした。
どうやったらほめてもらえるだろう、何が出来たら認めてもらえるだろう・・・
そして嫌われないように、失望されないように、怒られないように、そればかりを考えて生きてきました。

コンプレックスもたくさんありました。
私は広いおでこ・薄眉・細髪の三拍子が揃っており、しょっちゅうハゲハゲといじられていました。
また、異性と話が出来ない、人前でものが食べれない、ここでは書けない性的な悩みなど、人知れず辛い思いをいくつも抱えていました。
周りに友達はいましたが、心はいつも孤独でした。

それでも幸か不幸か、人前でうまく立ち回る・自分を偽って大きく見せることに対する努力への情熱と少しばかりの才能があったようで、有名大学・一流企業と、コンプレックスを隠し通し、誰もが私は「何の悩みもなく成功した人生を送っている」と思っていたと思います。
人に羨ましがられることはあっても、悩みを抱えて苦しんでいることを知る人間は誰もいませんでした。
でも、私の心は今にも張り裂けそうでした。

もっともっと私を認めてほしい!そんな焦燥とした思いに駆り立てられながら、と同時にそれなりの結果を出してきたうぬぼれも手伝って、起業を志して会社を辞めました。
しかし、しょせんは井の中の蛙、今まで人に支えられてここまで来れていたことも知らずに、自分一人の力と思い上がっていた張りぼての自信がガラガラと崩れてゆきました。
何とかしなければと嘘に嘘を塗り重ね、気がつけばお金も友人も自尊心も、全てを失いました。
何もかもから逃げ出したい
出家。
考えてみれば、生まれて初めて親の反対を押し切って選んだ道だったかもしれません。
お寺での毎日は、予想に反して楽であり、しかしある意味耐え難いものでした。
早起きや正座という身体的な苦痛もありましたが、何よりもエリートとしてバリバリ働いていたこの私が、日がな一日掃除と読経だけの、何の能力も必要としないあまりにも非生産的な毎日を一年二年と続けてゆくのです。

誰の役にも立っていないという怖れ!

しかしある時、はたと気づいたのです。
なんと私は全く嘘をついていない!?
あれだけ隠そう隠そうとしていたおでこを坊主にしてさらけ出し、毎日かっこ悪い作務衣で過ごし、一銭も稼がず何の役にも立っていない私が、生きていることを許されている。
いつの間にか私の心は平和でした。

今まで自分を守るために、人にも自分にも嘘や言い訳をどれ程してきたことでしょう。
けれどもいつも苦しいままでした。
嘘をつかない、自分を大きく見せない、ありのまま等身大の自分。
自分を守ろうとすることをやめた時、一番心が平和だったのです。

友達をなくした、そう思っていた私にとって結婚式は恐怖以外の何者でもありませんでした。
ところがみんなは許してくれていました。そしてお祝いに来てくれました。
自分を守ることをやめた時、人が世界が私を守ってくれるようになったのです。

私が問題だと思っていた悩みは全て、原因分析などすることなしに、いつの間にかほとんど解消されていました。
ただ嘘をつかないというそれだけで!
これが仏教の本当の力なのです
祈祷、信仰、儀式、作法、それらは仏教の本質ではありません。
仏(全智者)の教えに基づく生き方は、それ自体がパワフルな問題解決法そのものだったのです。

何もしなくていい。
そのことを知ったはずの私は、現在おそらくあなたよりもずっと忙しく社会活動に動き回っています。
自分に正直になると、やりたいこと・やるべきことがはっきりと見えてくるからです。

その中で、もしも昔の私と同じように悩みを抱えている人がいるならば、本当の仏教「Solution Forcus Buddhism」を伝えてゆきたいと思っています。
坊さんとしてというよりは、同じ悩める人間として、ラフにTシャツでやりますから、あなたも気軽に会いに来て下さい。

都内各地で開催中です(定例会場は武蔵境・調布の西方寺)

都内近郊3人以上が集まれば出張講座します。場所は自宅でもレンタルスペースでも構いません。



あ、一番大事なことを忘れてました・・・

結局のところ、人との出会いが人生を変えるんだということを。

本を何十冊読んでも何も変わらなかった私の人生が、金子先生(現在長野本山大住職)に出会って変わったように。
あなたとお会いした時には何が起こるのか、あなたとの一期一会を楽しみにしております。







追伸
どうしても直接寺子屋に来る勇気の出ない人、まずはメールでご相談に乗りますよ。


Happy, at rest, may all beings be happy at heart!
生きとし生けるものはみな幸いであれ、安穏であれ!



ご意見・ご質問等どしどしお寄せ下さい  ■寺子屋edu公式HP ■お問い合わせ


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

お釈迦様の前世物語〜戒波羅蜜の完成

『南伝大蔵経』には釈尊の前世すなわち仏陀となる以前に、生まれ変わり死に変わり気の遠くなる程の長い年月、菩薩としての善行を積んでこられたその生き様が、なんと546もの説話として収められています。
これらは「本生経」「本生譚」「ジャータカ」などと呼ばれ、アジアの仏教国の民衆に親しまれ、道徳的な生き方の手本とされ、伝承されてきました。
北伝の大乗仏教にも『六度集経』や『大智度論』などに釈尊の過去世物語が伝えられていますが、南伝のジャータカが童話のような絵物語が多いのに比べて、北伝の本生経は大乗仏教教義に裏付けられたより修行色の濃い物語が多いような気がします。
いずれにしてもこれらの説話は、「如何に生きるか」という菩薩道の実践にあたって大いに参考になるはずですので、私たちにとって分かりやすい、また役に立ちそうな説話をいくつか選んで紹介してゆこうと思います。


『大智度論』所蔵の本生経
昔須陀須摩王という人がありました。この王は精進をなし、戒を守り、つねに真実語を守っていました。ある朝早く車にのり、多くの婇女をひきいて、遊園に行って遊びました。城内を出るとき、一人のバラモンがいて、布施を乞い、王に語って言いました。
「王は実に大福徳の人です。私は身が貧しく、くるしんでいます。どうかあわれみの念をおこし、多少をお与え下さい。」
王は言いました。
「承知した。敬って、願いの如くに、相当の布施をしましょう。私の帰りをお待ちなさい。」

このように語ってから、王は園に入って、水浴をなし、たのしく遊戯をしました。その時、鹿足という名の両翅王がありました。空中から飛び下りてきて、婇女たちの中から王をさらって、連れ去ってゆきました。ちょうど金翅鳥が海中から竜をさらうようでした。女達は大声をあげて泣きました。園全体が驚き、城の内外もさわぎ、悲しみ、あわてました。鹿足は王をとらえて、虚空にとび上り、自分の住んでいる山に来ました。そして王を、すでに捕えていた九十九人の諸王の中に下ろしました。
その時、昔須陀須摩王は、両眼から雨のように涙をながして、悲しみました。そこで鹿足王が尋ねて言いました。
「王族の大王よ、汝はどうして小児の如く烈しく泣くのですか。人は生まれれば、死がある。会すれば必ず離れることがある。」
昔須陀須摩王は答えて言いました。
「私は死を怖れない。しかし信を失うことを恐れます。私は生れてからこれまで、かつて妄語を言うたことがありません。しかし今日早朝、門を出るとき一人のバラモンがあって、私の所へ来て、物を乞いました。私はその時承知して、<帰ってから必ず布施します>と言いました。しかるにこの無常をよく考えないで、彼の心にそむき、自ら欺いて罪を招きました。そのために泣くのみです。」

鹿足王は言いました。
「汝の心が、それ程に妄語を畏れるのであれば、汝が七日間帰り去ることを許しましょう。バラモンに布施をなし終ったら、すぐに帰ってきなさい。もし七日をすぎても帰らなければ、私には両翅の力があるから、汝を捕えることはむつかしくない」と。
そこで須陀須摩王は本国に帰ることができ、心の欲するままに布施をなし、太子を立てて王としました。そして集まってきた人民に懺悔をなし、謝して言いました。
「私の智慧は物事に行きわたらず、国を治めることも如法でなかった。どうか許してほしい。私の今日の身は、自分の所有ではない、いざこれから帰り去ろう」と。
しかし国を挙げて、人民や親族たちは、頭を叩いて王を引きとめました。
「願わくは王よ、心をとどめてこの国を慈しみ、護って下さい。鬼のような鹿足王を心配されなくともよろしいです。きっと鉄の舎、奇兵を設けましょう。たとい鹿足が神であっても、畏れることはありません。」
王は言いました。
「そうすることは、できないのです。」
そして詩を作って言いました。
「真実語は第一の戒である。真実語は天上界に上る梯子である。真実語は小にして大である。妄語すれば地獄に入る。私はいま、真実語を守るために、たとい身を捨てても、心に悔恨はない」と。

王はこのように説いて、出発して去り、鹿足王の所へ到着しました。
鹿足はこれを遠くから見て喜んで言いました。
「汝は本当の実語の人である。約束を失わなかった。人は誰でも身命を惜しむものである。汝は死から逃れることができたのに、帰ってきて約束を守った。汝は本当に大人である。」
その時、須陀須摩王は真実語を讃嘆して言いました。
「真実語を守ってこそ、人間であります。非実語をなす者は人間ではありません。」
このように種々に真実語を讃嘆し、妄語を非難しましたので、鹿足はそれを聞いて、清浄な信心をおこしました。そして須陀須摩王に告げて言いました。
「汝は実によくこの事を説いてくれました。いま放捨しましょう。汝はすでに逃れることができたのです。九十九人の王も汝に布施しましょう。心のままに本国に帰りなさい。」
鹿足がこのように言いましたので、百王はそれぞれ帰り去ることができました。
このように菩薩が前世に戒を守った種々の相を、戒波羅蜜の完成となすのである。

『仏典機戞蔽翅叱橘)筑摩書房

戒律については、部派仏教の僧伽においては250の戒律があると言われていますが、出家在家問わずに守るべき徳目としては「五戒」が初期仏教時代から定められていました。
五戒とは、生き物を殺さない、盗まない、嘘をつかない、ふしだらな行為をしない、酒を飲まない、の五つの戒めです。
この順番からすると第一の戒は「殺さず」でありそうなものですが、そこを「真実語は第一の戒である」と述べられているところが如何にも大乗仏教に伝わる前世物語といえるでしょうか。
大乗仏教の菩薩道においては、「誓願」が重要視されます。
阿弥陀仏が菩薩時代に誓われた「48願」が有名ですが、「この願が成就しなければ誓って仏とはならない」と言って修行した法蔵菩薩は、その誓願を真実とすることによって阿弥陀仏となりました。
このように真実語、嘘をつかないということは、つまり裏表のない心であり、裏表がないということは己と世界とが分離していない「一如」の悟りを現成せしめるということであり、それを波羅蜜(完成)といいます。
嘘をつかない。単純ですが案外難しいです。
ついつい言い訳をしてしまったり、隠し事をしてしまったり・・・
菩薩道の要とは難解な教義などにあるのではなく、結局こうした単純なことが出来るかどうか・・・なんでしょうね。






【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
菩薩の生き様 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bosatsudo.jugem.jp/trackback/120
この記事に対するトラックバック


≪18歳〜39歳≫
≪定員10名申込順≫
プチ修行に挑戦してみる? bij
こころ寺子屋

無料ブログ作成サービス JUGEM
Add to Google
My Yahoo!に追加