====================== Solution Forcus Buddhism こころ寺子屋 ======================
宗教でも哲学でも学問でもなく、生き方としての仏教"菩薩道"。
それは自分も周りも皆が笑顔になる為の自己修練の道です。
自分に人に社会にいいことしよう!がコンセプトのTERAKOYA eduが主催する、 解決志向仏教を活用して人間力を向上する〜全六回講座こころ寺子屋が、あなたの人生を応援します。
あなたの悩み解決できます。もう一人で悩まないで!

信仰儀礼型仏教から解決志向型仏教へ


『こころ寺子屋』では「自己の問題解決」と「人の為にという生きがいの創造」を目的として情報発信しています




あなたは今どんな問題に悩んでいますか?
ストレス解消法でニコニコ
仕事のこと? 恋愛のこと? 家族のこと? 人間関係のこと?
先のことを考え心配したり、やってしまったことに後悔したり、人と比べてブルーになったり・・・

そしてこんなことに悩んだりしてませんか?
毎日イライラしてばかり、ストレスでしんどい、マイナス思考な自分が嫌、やりたいことがみつからない、自分に自信が持てない、人生に充実感がない、心豊かでありたい、精神的に成長したい、もう傷つきたくない、傷つけたくない、自分を変えたい、人生をもっとよくしたい・・・

悩みや問題を持っていることは特別悪いことではありません。
問題なのは、その問題がある限り自分は幸せになれないと思ってしまっていることです。

今日までよく頑張ってきましたね。もう十分すぎるほど悩んできたんですから、そろそろ終わりにしましょうよ。
私もそんなうちの一人でした
はじめまして、こころ寺子屋を主宰している僧侶の名和英海と申します。

私は幼少より親の目・人の目を気にする神経質な人間でした。
どうやったらほめてもらえるだろう、何が出来たら認めてもらえるだろう・・・
そして嫌われないように、失望されないように、怒られないように、そればかりを考えて生きてきました。

コンプレックスもたくさんありました。
私は広いおでこ・薄眉・細髪の三拍子が揃っており、しょっちゅうハゲハゲといじられていました。
また、異性と話が出来ない、人前でものが食べれない、ここでは書けない性的な悩みなど、人知れず辛い思いをいくつも抱えていました。
周りに友達はいましたが、心はいつも孤独でした。

それでも幸か不幸か、人前でうまく立ち回る・自分を偽って大きく見せることに対する努力への情熱と少しばかりの才能があったようで、有名大学・一流企業と、コンプレックスを隠し通し、誰もが私は「何の悩みもなく成功した人生を送っている」と思っていたと思います。
人に羨ましがられることはあっても、悩みを抱えて苦しんでいることを知る人間は誰もいませんでした。
でも、私の心は今にも張り裂けそうでした。

もっともっと私を認めてほしい!そんな焦燥とした思いに駆り立てられながら、と同時にそれなりの結果を出してきたうぬぼれも手伝って、起業を志して会社を辞めました。
しかし、しょせんは井の中の蛙、今まで人に支えられてここまで来れていたことも知らずに、自分一人の力と思い上がっていた張りぼての自信がガラガラと崩れてゆきました。
何とかしなければと嘘に嘘を塗り重ね、気がつけばお金も友人も自尊心も、全てを失いました。
何もかもから逃げ出したい
出家。
考えてみれば、生まれて初めて親の反対を押し切って選んだ道だったかもしれません。
お寺での毎日は、予想に反して楽であり、しかしある意味耐え難いものでした。
早起きや正座という身体的な苦痛もありましたが、何よりもエリートとしてバリバリ働いていたこの私が、日がな一日掃除と読経だけの、何の能力も必要としないあまりにも非生産的な毎日を一年二年と続けてゆくのです。

誰の役にも立っていないという怖れ!

しかしある時、はたと気づいたのです。
なんと私は全く嘘をついていない!?
あれだけ隠そう隠そうとしていたおでこを坊主にしてさらけ出し、毎日かっこ悪い作務衣で過ごし、一銭も稼がず何の役にも立っていない私が、生きていることを許されている。
いつの間にか私の心は平和でした。

今まで自分を守るために、人にも自分にも嘘や言い訳をどれ程してきたことでしょう。
けれどもいつも苦しいままでした。
嘘をつかない、自分を大きく見せない、ありのまま等身大の自分。
自分を守ろうとすることをやめた時、一番心が平和だったのです。

友達をなくした、そう思っていた私にとって結婚式は恐怖以外の何者でもありませんでした。
ところがみんなは許してくれていました。そしてお祝いに来てくれました。
自分を守ることをやめた時、人が世界が私を守ってくれるようになったのです。

私が問題だと思っていた悩みは全て、原因分析などすることなしに、いつの間にかほとんど解消されていました。
ただ嘘をつかないというそれだけで!
これが仏教の本当の力なのです
祈祷、信仰、儀式、作法、それらは仏教の本質ではありません。
仏(全智者)の教えに基づく生き方は、それ自体がパワフルな問題解決法そのものだったのです。

何もしなくていい。
そのことを知ったはずの私は、現在おそらくあなたよりもずっと忙しく社会活動に動き回っています。
自分に正直になると、やりたいこと・やるべきことがはっきりと見えてくるからです。

その中で、もしも昔の私と同じように悩みを抱えている人がいるならば、本当の仏教「Solution Forcus Buddhism」を伝えてゆきたいと思っています。
坊さんとしてというよりは、同じ悩める人間として、ラフにTシャツでやりますから、あなたも気軽に会いに来て下さい。

都内各地で開催中です(定例会場は武蔵境・調布の西方寺)

都内近郊3人以上が集まれば出張講座します。場所は自宅でもレンタルスペースでも構いません。



あ、一番大事なことを忘れてました・・・

結局のところ、人との出会いが人生を変えるんだということを。

本を何十冊読んでも何も変わらなかった私の人生が、金子先生(現在長野本山大住職)に出会って変わったように。
あなたとお会いした時には何が起こるのか、あなたとの一期一会を楽しみにしております。







追伸
どうしても直接寺子屋に来る勇気の出ない人、まずはメールでご相談に乗りますよ。


Happy, at rest, may all beings be happy at heart!
生きとし生けるものはみな幸いであれ、安穏であれ!



ご意見・ご質問等どしどしお寄せ下さい  ■寺子屋edu公式HP ■お問い合わせ


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

ストレスマネジメントの大前提〜正しい姿勢をつくる6ステップ

ストレスの原因となる対象(ストレッサー)は数あれど、さて最大のストレッサーとは何でしょうか?
仕事?人間関係?
いいえ、実はそれは「重力」なんです。
24時間365日起きているときも寝ているときも一時も休まずに私たちを圧迫し続けているこの重力に対して、無謀にも真っ向から対立し闘いを挑んでいるのが、直立二足歩行である私たち人間なんです。
ところが筋力が衰えてくると、少しずつ重力に負け始め、肩こりや腰痛になったり、さらには歳をとるほどに段々と重力に押し潰されていくように腰が曲がっていき、背も小さくなってしまいます。
重力とはそれ程の力ですから、そのストレスたるや計り知れません。
ですから、重力対策こそがストレスマネジメントの初歩にして、なおかつ最大の効果の期待できる実践法となります。

■重力に対抗する唯一の手段は、正しい(自然な)姿勢を取ることです。

正しい姿勢のための要点は次の二つ。

A.重力に対して点で接する
B.筋肉の力でなく骨で立つ


実はAもBも同じことなのですが、意識するポイントが違うので、分けて説明していきましょう。

<Aの解説>
面で接するとより圧力が強くかかってくるため、それだけ対抗するための筋肉の力(緊張=ストレス)が必要となってきます。
このことは水面の上から棒を突き刺すのと板切れを沈めようとするのとの労力の違いを考えればよく分かるかと思います。
点で接するためには、「いかに真っすぐに立つか」が、ここでの意識の使い方の重要なポイントになります。
要は真っすぐに立つというだけのことなのですが、私たちは普段真っすぐに立っているつもりでも意外とそうではないのです。
これは試しにいつものように立ったまま壁を背にしてみると一目瞭然です。
頭、肩、肘、腰、かかとが壁について一直線になっていれば合格ですが、ほとんどの方は頭、肩、肘が壁につかずに前のめり(いわゆる猫背)になっているはずです。
なんと、もうすでに重力に負け始めているのです。
小さな子供を見てみて下さい。本当にきれいに真っすぐ立っていますよ!
また、普段パソコンをする時間が長い方ほど前のめりになりやすいです。
しかしパソコンをやっていたからこそ、こうして今ストレスマネジメントの秘訣を知ることが出来るわけですから、人間万事塞翁が馬、人生どう転ぶか分からないものですね。

<Bの解説>
筋肉で体を支えようとすれば、当然筋肉が絶え間なく緊張している状態が続くわけですから、肩こり腰痛はどんなにマッサージしようと鍼を打とうと応急処置にすぎず、日々悪化する一方です。
筋肉を使わず骨で立つことによってのみ、常時筋肉を弛緩させておくことが可能になります。
私たちが動く時には筋肉を使うわけですが、筋肉というのは収縮する時に力を生みます。
筋肉がいつも緊張して縮こまっている場合、いったん伸ばしてから収縮させないと動けないため、瞬時に動くことが出来ません。
ですから武道において「脱力」が重要視されるのは、自由自在に動くための最低条件だからなのです。
ゆえに脱力を重視する武道が姿勢を大事にするのは至極当然の帰結なのです。
(武道のみならず野球もゴルフもテニスでも同様の理由で、卵を割らないように握れとよく言われるように力を抜いて構えますね)
そういうわけで「筋肉をいかに弛緩させておくか」が、ここでの意識の使い方の重要なポイントになります。


【正しい姿勢をつくるための6つのステップ】

1.かかと立ちしてしばらく足踏みしよう(Bの技法)
・・・骨に直接刺激を与えることによって、骨周りに縮こまっている筋肉を解放します。これだけでもかなり姿勢が自然な状態に(真っすぐに)戻ります。また足裏全体でしっかりと大地を踏みしめるように立つことが出来るようになっているはずです。

2.両足を平行にそして肩幅に開こう(Aの技法)
・・・ほとんどの人は外股立ち(足先が外開きの逆ハの字)をしているかと思いますが、仏道はもとより武道や茶道や能などの伝統的な立ち方はみな足先を前に向けて両足が平行になるように立ちます。重力を抵抗なく真っすぐに地面へ伝えるための技法です。また重心を安定させるために肩幅ほどに開きます。

3.モデル立ち(子供立ち)をしてみよう(Aの技法)
・・・ハリウッドの女優になったつもりで、胸を張って腰をクイッと突き出してみましょう。肩をクリッと後ろに回して肩甲骨を引き寄せながら腕の位置を一段後ろに持ってきます。あごをやや引いて頭頂が上から糸で引っ張られているようなイメージで持ち上げます。

4.尾骶骨が下にくるようなイメージで腰を内側に入れよう(Aの技法)
・・・ハリウッドの女優さんなら美しいこの姿勢も、普通の人がやるとぽっこりお腹が出てしまってみっともないです。この姿勢のまま腰だけを内側に入れてみましょう。腰を入れることによってお腹が自然とへっこんでお尻がキュッと引き締められたと思います。下手なダイエットなんかするよりも、正しい姿勢をするだけでよっぽど見た目が美しくなるんです。
もちろんそれ以上に大事なのが骨盤の向き。猫背の時には骨盤が後傾になっていますが、出っ尻(モデル立ち)の時には逆に前傾になってしまっています。骨盤が水平にならないと体の前後のバランスが悪く、無理な緊張が生まれて腰痛の原因となります。
また、腰を入れるとおへその下あたりの奥の方に力が入っている(意識が向いている)感じがするかと思います。ここが昔から「丹田」と呼ばれる体の中心です。体の中心がどこかを知っていると、起き上がりこぼしのようにバランスがよくなって、どんな時でも心身を安定させていることが出来ます。よく「胆が据わっている」と言われる状態がこれです。

5.ヒザを緩め、肩をギュッと上げてストンッと落とそう(Bの技法)
・・・腰を入れる時に、ヒザを少し緩めてみると不思議なことに体全体が緩みます。特に胸の張りがフッと緩和されたのを感じることが出来たでしょうか。胸を張っていると浅い呼吸しか出来なくなります。深い呼吸は心身をリラックスさせてくれますので、胸を張りすぎず軽く緩めておくことは非常に重要です。
また筋肉は張ればその反作用で縮めようとする力(緊張=ストレス)が必ず同時に生れます。ですから胸、肩、腰などどこにも張っている場所がないようにチェックします。
さらに上半身の筋肉を緩めるために、敢えて一度力を込めるのがこの段階のポイント。振り子の原理といって、目的の逆をすることによって逆説的に目的達成を早める裏技です(「筋弛緩法」という技法)。

6.意識を下に向けよう(Bの技法)
・・・最後に全身を弛緩させて完成となりますが、リラックスしよう、力を抜こうと思っても、そのように意識をすればするほど余計に力が入ってしまうものです。試しに誰かの手を持ち上げて「力を抜いてね」と言ってサッと手を離してみて下さい。本当に力が抜けていればダランと下に落ちるはずですが、さて?
ただ単に真っすぐ立つだけ、ただ単に力を抜くだけ、ただそれだけなのに武道や茶道などにおいて奥伝と呼ばれ相当の年月の稽古が必要とされているゆえんがそこにあります。
そこでイメージを使うことによって意識をせずに(意識を騙して)力を抜く方法を利用していきます。不思議なことに人間は意識を上へ向けると軽くなり、下へ向けると重くなります。起きている子供よりも寝ている子供を抱っこすると重く感じるように、体が弛緩している時には重くなります。ということは、意識を下に向けることによって体が弛緩するということになります。
精神世界に興味のある方ならば「グラウンディング」という瞑想を聞いたことがあるかもしれません。自分の体から下へ紐を伸ばして地球の中心とつなげるというイメージを用いた瞑想法ですが、実はこれの本来の意義は「体を弛緩させる」ことにあることは、ここまで読まれた方ならすぐお分かりになるでしょう。
ちなみに「センタリング」という、宇宙から垂直の線が体を貫いているというイメージを用いた瞑想法も有名ですが、これも「真っすぐに立つ」ことが本来の意義です。
他に体を弛緩させるためには「体が重くなる」(これは分かりますね)「体が熱くなる」(これは筋肉が弛緩すると血管が広がり血流が良くなり体がポカポカしてくるのですが、それの先取りなわけです)などのイメージも効果的です(「自律訓練法」という技法)。


なかなか文章で伝えるのは難しく、また自分一人では上手く立てているかどうか判断することも出来ないでしょうが(だからこそ道場があるわけですが・・・)、道場に来ることの出来ない方は是非上記を参考に練習なさってみて下さい。
正しい立ち方をマスターすれば長時間立ったままでも疲れません。
電車通勤で壮絶な席取りゲームに参加することなく悠々と立っていられますよ。
また、自分も疲れているし・・・などと葛藤せずに躊躇なく席を譲ることが出来るようになるでしょう!
ただ大多数の人が猫背の中、真っすぐに立っているのはかなり目につくようで、こちらが正しいはずなのに多数決の原理によってなぜか変な人に見られるかもしれませんが、そこはあしからず・・・


⇒次のページ 僧侶の伝授する最も楽な正座の仕方





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
ストレス解消法 | permalink | comments(1) | trackbacks(3)

スポンサーサイト





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon shoes
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ ultra boost uncaged
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 11 space jam
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost 750
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora bracelet
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes purse
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sandals
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 1
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max 2017
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas originals nmd
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air max 90
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sale
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade laptop bag
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike air max women
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour curry 3
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma fenty slippers
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp
http://www.kd10-shoes.us.com/ kevin durant shoes
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora jewelry official site
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ christian louboutin mens
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron soldier 11
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 2
ドリフトliuyuzhen
fitflop sale | 2018/05/26 12:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bosatsudo.jugem.jp/trackback/203
この記事に対するトラックバック
ストレスの原因となる対象(ストレッサー)は数あれど、さて最大のストレッサーとは何でしょうか? 仕事?人間関係? いいえ、実はそれは「重力」なんです。 24時間365日起きているときも寝ているときも一時も休まずに私たちを圧迫し続けているこの重力に対して、...
ストレスマネジメントの大前提〜正しい姿勢をつくる6ステップ | ニュースコミュニティ - FPN | 2007/09/02 10:07 PM
腰痛解消・腰痛ツボにあったまるん
腰痛解消・腰痛ツボにあったまるん | 腰痛解消・腰痛ツボにあったまるん | 2007/09/25 5:00 PM
気になる便秘悩み改善解消 方法 体内環境を整えた食物繊維 野菜 レシピ 健康な体をつくるための栄養素を知る第一歩は、食べ物の行方を知ることです。
健康な体をつくるための栄養素 | 消化 吸収 栄養素 | 2007/12/31 3:07 PM


≪18歳〜39歳≫
≪定員10名申込順≫
プチ修行に挑戦してみる? bij
こころ寺子屋

無料ブログ作成サービス JUGEM
Add to Google
My Yahoo!に追加