====================== Solution Forcus Buddhism こころ寺子屋 ======================
宗教でも哲学でも学問でもなく、生き方としての仏教"菩薩道"。
それは自分も周りも皆が笑顔になる為の自己修練の道です。
自分に人に社会にいいことしよう!がコンセプトのTERAKOYA eduが主催する、 解決志向仏教を活用して人間力を向上する〜全六回講座こころ寺子屋が、あなたの人生を応援します。
あなたの悩み解決できます。もう一人で悩まないで!

信仰儀礼型仏教から解決志向型仏教へ


『こころ寺子屋』では「自己の問題解決」と「人の為にという生きがいの創造」を目的として情報発信しています




あなたは今どんな問題に悩んでいますか?
ストレス解消法でニコニコ
仕事のこと? 恋愛のこと? 家族のこと? 人間関係のこと?
先のことを考え心配したり、やってしまったことに後悔したり、人と比べてブルーになったり・・・

そしてこんなことに悩んだりしてませんか?
毎日イライラしてばかり、ストレスでしんどい、マイナス思考な自分が嫌、やりたいことがみつからない、自分に自信が持てない、人生に充実感がない、心豊かでありたい、精神的に成長したい、もう傷つきたくない、傷つけたくない、自分を変えたい、人生をもっとよくしたい・・・

悩みや問題を持っていることは特別悪いことではありません。
問題なのは、その問題がある限り自分は幸せになれないと思ってしまっていることです。

今日までよく頑張ってきましたね。もう十分すぎるほど悩んできたんですから、そろそろ終わりにしましょうよ。
私もそんなうちの一人でした
はじめまして、こころ寺子屋を主宰している僧侶の名和英海と申します。

私は幼少より親の目・人の目を気にする神経質な人間でした。
どうやったらほめてもらえるだろう、何が出来たら認めてもらえるだろう・・・
そして嫌われないように、失望されないように、怒られないように、そればかりを考えて生きてきました。

コンプレックスもたくさんありました。
私は広いおでこ・薄眉・細髪の三拍子が揃っており、しょっちゅうハゲハゲといじられていました。
また、異性と話が出来ない、人前でものが食べれない、ここでは書けない性的な悩みなど、人知れず辛い思いをいくつも抱えていました。
周りに友達はいましたが、心はいつも孤独でした。

それでも幸か不幸か、人前でうまく立ち回る・自分を偽って大きく見せることに対する努力への情熱と少しばかりの才能があったようで、有名大学・一流企業と、コンプレックスを隠し通し、誰もが私は「何の悩みもなく成功した人生を送っている」と思っていたと思います。
人に羨ましがられることはあっても、悩みを抱えて苦しんでいることを知る人間は誰もいませんでした。
でも、私の心は今にも張り裂けそうでした。

もっともっと私を認めてほしい!そんな焦燥とした思いに駆り立てられながら、と同時にそれなりの結果を出してきたうぬぼれも手伝って、起業を志して会社を辞めました。
しかし、しょせんは井の中の蛙、今まで人に支えられてここまで来れていたことも知らずに、自分一人の力と思い上がっていた張りぼての自信がガラガラと崩れてゆきました。
何とかしなければと嘘に嘘を塗り重ね、気がつけばお金も友人も自尊心も、全てを失いました。
何もかもから逃げ出したい
出家。
考えてみれば、生まれて初めて親の反対を押し切って選んだ道だったかもしれません。
お寺での毎日は、予想に反して楽であり、しかしある意味耐え難いものでした。
早起きや正座という身体的な苦痛もありましたが、何よりもエリートとしてバリバリ働いていたこの私が、日がな一日掃除と読経だけの、何の能力も必要としないあまりにも非生産的な毎日を一年二年と続けてゆくのです。

誰の役にも立っていないという怖れ!

しかしある時、はたと気づいたのです。
なんと私は全く嘘をついていない!?
あれだけ隠そう隠そうとしていたおでこを坊主にしてさらけ出し、毎日かっこ悪い作務衣で過ごし、一銭も稼がず何の役にも立っていない私が、生きていることを許されている。
いつの間にか私の心は平和でした。

今まで自分を守るために、人にも自分にも嘘や言い訳をどれ程してきたことでしょう。
けれどもいつも苦しいままでした。
嘘をつかない、自分を大きく見せない、ありのまま等身大の自分。
自分を守ろうとすることをやめた時、一番心が平和だったのです。

友達をなくした、そう思っていた私にとって結婚式は恐怖以外の何者でもありませんでした。
ところがみんなは許してくれていました。そしてお祝いに来てくれました。
自分を守ることをやめた時、人が世界が私を守ってくれるようになったのです。

私が問題だと思っていた悩みは全て、原因分析などすることなしに、いつの間にかほとんど解消されていました。
ただ嘘をつかないというそれだけで!
これが仏教の本当の力なのです
祈祷、信仰、儀式、作法、それらは仏教の本質ではありません。
仏(全智者)の教えに基づく生き方は、それ自体がパワフルな問題解決法そのものだったのです。

何もしなくていい。
そのことを知ったはずの私は、現在おそらくあなたよりもずっと忙しく社会活動に動き回っています。
自分に正直になると、やりたいこと・やるべきことがはっきりと見えてくるからです。

その中で、もしも昔の私と同じように悩みを抱えている人がいるならば、本当の仏教「Solution Forcus Buddhism」を伝えてゆきたいと思っています。
坊さんとしてというよりは、同じ悩める人間として、ラフにTシャツでやりますから、あなたも気軽に会いに来て下さい。

都内各地で開催中です(定例会場は武蔵境・調布の西方寺)

都内近郊3人以上が集まれば出張講座します。場所は自宅でもレンタルスペースでも構いません。



あ、一番大事なことを忘れてました・・・

結局のところ、人との出会いが人生を変えるんだということを。

本を何十冊読んでも何も変わらなかった私の人生が、金子先生(現在長野本山大住職)に出会って変わったように。
あなたとお会いした時には何が起こるのか、あなたとの一期一会を楽しみにしております。







追伸
どうしても直接寺子屋に来る勇気の出ない人、まずはメールでご相談に乗りますよ。


Happy, at rest, may all beings be happy at heart!
生きとし生けるものはみな幸いであれ、安穏であれ!



ご意見・ご質問等どしどしお寄せ下さい  ■寺子屋edu公式HP ■お問い合わせ


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

坊さんが長生きである10の理由

106歳の曹洞宗大本山永平寺現貫首宮崎奕保禅師、101歳の浄土宗総本山知恩院前門主中村康隆大僧正など、古今東西僧侶はえてして長生きであります。
僧侶が健康で長生きできるその秘訣は一体どこにあるのでしょうか。

1.生きがい
・・・現代は平均寿命80歳の時代ですが、60代で亡くなる方もかなり多くおられます。おそらく定年退職してどっと気が抜けてしまうのかもしれません。特に仕事一筋に生きてきた人ほどその傾向が顕著なようです。女性はそれまでに趣味や仲間を見つけられるのでよいのですが、男性は急にやることがなくなってしまい、仕事を抜きにした付き合いのできる友人もおらず、生きがいの喪失に陥りやすいのです。
僧侶は当然ながら定年がない為、まさしく死ぬまでお勤めが出来ます。
そうした為すべきことがあるということほど幸いなことはないのかもしれませんね。

2.声を出す
・・・夕日に向かってバカヤローと叫ぶ姿をイメージすると分かりやすいですが、大声を出すことによって凝り固まった感情が発散されますから、毎日腹から声を出すことは大変有効なストレス解消法となります。
僧侶は毎日読経をしていますから、それが健康法にもなっているのでしょう。

3.人と接する
・・・歳をとって腰や膝が悪くなってくるとついつい出不精になってしまうものです。昔は大家族であったり近所付き合いが盛んでしたから家にいても一人になることはなかったのでしょうが、現代は核家族化が進み、外に出なければ一日誰とも話さなかったなんてこともザラにあります。人と接することは自分が生きているんだということの証明であり、人と接しなければ段々自分という存在が希薄になってゆきます。
生きている意味を見失ってしまいますから、生きる力が減退してしまうのです。
人と接するのが僧侶の役割でありますから、僧侶はそうして皆さんから生きる力を頂いているというわけです。感謝。

4.歩く
・・・「寿命は歩く距離に比例する」などとも言われ、歩くことは健康法の第一です。
それでは毎日ジョギングを、などと意気込んでも三日坊主で終わるのがオチですから、気分転換がてら気ままに散歩くらいの気持ちでいるのがよいのではないでしょうか。毎日通る道もゆっくり歩いてみると新鮮な発見があるものです。そのような目を持って散歩することはそれだけで大変良いストレス解消法にもなります。
僧侶の場合は、庫裡から本堂まで歩くだけでも随分な距離になります。大法要の時などは準備の為に何度も何度も往復するのでそれはもう大変です。
でもそれによって健康が維持出来ているのだから、仏様に歩かせて頂いているということなんでしょうね。

5.手先を使う
・・・手先や足裏には末端神経が集中しているので、手先を常に動かしていることによって神経が常時刺激され、脳細胞も活性化します。
ですから絵を描いたり、楽器を弾いたりするのは痴呆予防によいと言われます。
僧侶は毎日筆を持っていますから、それが若さを保つ秘訣になっているのでしょうか。

6.食生活
・・・肉食が寿命を縮めるという研究結果もあり、最近ではマクロビオテック(玄米食)などの流行により、野菜や魚を中心とした昔ながらの日本食が見直されています。
また少食健康法といって、お腹いっぱい食べることは胃腸に負担をかけるので健康に良くないとも言われています。食べることをストレス解消法にしている人は注意が必要ですね。
僧侶といえば腹八分目の精進料理ですからこれほどの健康食はないわけですが、最近では僧侶も肉食をするようになってしまいました。お釈迦様も布施された肉は頂いていましたから肉食自体が非難されるわけではありませんが、健康法としては適度な量に節制するなど気をつけなければいけませんね。
また、お酒の飲みすぎは健康を害するというのは周知の事実ですが、一方適度なお酒は百薬の長とも言われます。冷たいビールよりも日本酒の熱燗が健康に良いようです。
戒律から酒を飲まない僧侶たちも、日本の寒い山の上のお寺では般若湯と呼んで熱燗を摂っていたものですが、案外これが健康法の秘訣になっていたのかもしれません。

7.規則的な生活リズム
・・・時計の無かった昔は太陽の出ている間に活動して暗くなったら休むという自然に沿った生活をしていたわけですが、現代人はむしろ夜中になるほど活発になるようで・・・
夜更かしは健康にも美容にも悪いというのは言うまでもないことです。
残業残業で忙しいビジネスマンに早寝早起きなど無理だと言われそうですが、早起きは三文の得と言って、デキるビジネスマンは早寝早起きを実践しています。
実際早起きをしてみれば、早朝の新鮮な空気を吸って清々しいリフレッシュした気持ちで一日を始められることに気がつきます。如何にも仕事の能率が上がりそうな感じです。
僧侶は毎朝の勤行の時間が決まっていますから、こうした早寝早起きの規則的な生活習慣が健康を支えているんですね。
また、規則正しい生活をするということは、十分な睡眠をとれるということになります。
ストレス解消法の極意は身心の弛緩にあり、睡眠は人間の営みの中で唯一何の苦労もなく、それでいて最も身心を弛緩させてくれる素晴らしい贈り物なのです(プロのストレス解消法〜3つの秘訣と1つの結論参照)。
さらに睡眠中は脳のデフラグ(最適化、整理整頓)が行われるとも言われており、睡眠時間が短いということは、頭の中がいつも仕事中のデスクの上のように乱雑にとっ散らかって何がどこにあるのか分からない状態のままということです。デキるビジネスマンは机の整理整頓はもちろんのこと、頭の中の整理整頓もきっちりしておきたいものです。

8.姿勢
・・・僧侶といえば「姿勢が良い」という連想をされる方も多いと思いますが、姿勢が健康に及ぼす影響についてはこちらの記事に詳しく書きました。
ストレスマネジメントの大前提〜正しい姿勢をつくる6ステップ

9.精神の安定
・・・幸せとは何か、あるいは一つだけ手に入れられるものがあるとしたら何が欲しいか?
その一つの答えが「心の平安」ではないでしょうか?
私たちの心はいつも落ち着きなく動揺しています。
まだ来てもいない未来のことにあれこれ思い悩んだり、失敗を恐れて無性に不安になり、過ぎ去ってしまって最早変えられない過去のことに後悔して、いつまでもウジウジして前へ進めない。ちょっとしたことでいつもイライラして、人から何か言われればすぐにカッとなって怒り出してしまう始末。そんな自分が嫌になって悶々鬱々としたまま、ダラダラと怠惰に日々を過ごしてしまいがちです。
心と体は密接に関連し合っていますから、心がそんな状態では、とても体が健康なはずもありません。
そんな心の荒波を湖の水面のように静かで穏やかにしてくれる方法が、瞑想と呼ばれる精神統一法です。
伝記によればお釈迦様は目の前に雷が落ちても微動だにしなかったと言われているように、瞑想の達人であったお釈迦様の時代から、とりわけ仏教においてその方法が保持され伝授され発展してまいりました。
キリスト教のイエスは34歳、イスラム教のマホメットは62歳、世界宗教の中では仏教のお釈迦様だけが80歳と長寿でした。

0.生まれ変わり
・・・実はこれが僧侶の健康法・ストレス解消法の最大の秘密です。
毎日読経によって仏の世界に行き、また日常の生活に戻ってくる。
それはいわば生まれ変わりです。昨日までの価値観に縛られた古い自分が死んで、新しいいのちとして生き直すことに他なりません。
毎日0歳からスタートしますので一向に歳をとらないんです。
しかしながら、実は僧侶でなくとも皆毎日生まれ変わっているんです。
「朝」という字をよく見て下さい。
「十月十日」が組み合わさって「朝」ですね。
そうです、毎朝がオギャーとこの世に誕生する瞬間なんです。
毎日同じことの繰り返し・・・などと倦怠感の中で生活していてはエネルギーも湧いてきません。
毎日赤ちゃんのような新鮮な気持ちで、柔軟な心で何事も受け入れ、好奇心いっぱいに活動したいものです。
ラジオ体操のこんな言葉を思い出しますね。
「新しい朝が来た、希望の朝だ!」

僧侶の修行というと、滝に打たれたり、何時間も坐禅をしたりといったものを想像しがちですが、24時間365日生活そのものが修行です。
宗教の原意は「如何に生きるか」、よりよく生きるための指針であります。
ですから上で見てきたように、僧侶の日常生活全体に、よりよく生きる古の智慧がちりばめられています。
私どもの道場でも、五体投地という特別な修行を一般の方に体験して頂いてますが、特別な体験そのものよりも、そこで「非日常から日常を見直す」という意識を身に付けて頂けたらと願っております。


■道場のご案内■




【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
ストレス解消法 | permalink | comments(0) | trackbacks(5)

スポンサーサイト





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bosatsudo.jugem.jp/trackback/229
この記事に対するトラックバック
岐阜は、大自然だな〜〜!空気が美味し最高でしたよ!やっぱり自然はいいや〜〜!心が和むし!最高だね!あと、自然いっぱいの中で食べる飯がめっちゃ美味しい!たまらんかった!でも、そんな大自然の中に消費者金融の看板があるのがゆるせない!
金融比較 | 金融比較 | 2007/09/25 11:06 PM
生きる力生きる力(いきるちから)とは、全人的な資質や能力のことを指す用語であり、具体的には、「変化の激しいこれからの社会を」生きる力のことである。1996年に文部省(現在の文部科学省)の中央教育審議会(中教審)が「21世紀を展望した我が国の教育の在り方につ
http://kyouiku1.com/90B682AB82E997CD/ | 教育問題.com | 2007/09/29 12:04 PM
ストレス解消はもちろんのこと! ボクササイズ、エクササイズによる 有酸素運動でダ
ストレス解消パンチバック | きっと日刊じゃんくま新聞 | 2007/10/12 6:16 PM
通夜では、僧侶の読経中に焼香するケースが多く見られます。焼香には、立礼の焼香、座礼の焼香があります。立礼の場合、順番が来たらまず焼香台の前に進み、遺族と僧侶に一礼し、続いて身を正して頭を下げてご本尊に合掌拝礼します。そのあと焼香合掌し、最後にもう一度
葬式 焼香のしかた | 葬式、現代社会ではどう考えればいい | 2007/10/29 3:38 AM
黒酢のサラサラ効果(健康食品)、黒酢体験初心者のためのサイトです。黒酢のサラサラ効果に豊富に含まれるアミノ酸やビタミン・ミネラル類は、黒酢のサラサラ効果により次のような健康効果を発揮します。 ●黒酢のサラサラ効果/高血圧予防(健康食品)黒酢のサラサラ効
黒酢サラサラ 通販&健康食品通販 | 黒酢サラサラ 通販&健康食品通販 | 2007/11/16 11:03 AM


≪18歳〜39歳≫
≪定員10名申込順≫
プチ修行に挑戦してみる? bij
こころ寺子屋

無料ブログ作成サービス JUGEM
Add to Google
My Yahoo!に追加