====================== Solution Forcus Buddhism こころ寺子屋 ======================
宗教でも哲学でも学問でもなく、生き方としての仏教"菩薩道"。
それは自分も周りも皆が笑顔になる為の自己修練の道です。
自分に人に社会にいいことしよう!がコンセプトのTERAKOYA eduが主催する、 解決志向仏教を活用して人間力を向上する〜全六回講座こころ寺子屋が、あなたの人生を応援します。
あなたの悩み解決できます。もう一人で悩まないで!

信仰儀礼型仏教から解決志向型仏教へ


『こころ寺子屋』では「自己の問題解決」と「人の為にという生きがいの創造」を目的として情報発信しています




あなたは今どんな問題に悩んでいますか?
ストレス解消法でニコニコ
仕事のこと? 恋愛のこと? 家族のこと? 人間関係のこと?
先のことを考え心配したり、やってしまったことに後悔したり、人と比べてブルーになったり・・・

そしてこんなことに悩んだりしてませんか?
毎日イライラしてばかり、ストレスでしんどい、マイナス思考な自分が嫌、やりたいことがみつからない、自分に自信が持てない、人生に充実感がない、心豊かでありたい、精神的に成長したい、もう傷つきたくない、傷つけたくない、自分を変えたい、人生をもっとよくしたい・・・

悩みや問題を持っていることは特別悪いことではありません。
問題なのは、その問題がある限り自分は幸せになれないと思ってしまっていることです。

今日までよく頑張ってきましたね。もう十分すぎるほど悩んできたんですから、そろそろ終わりにしましょうよ。
私もそんなうちの一人でした
はじめまして、こころ寺子屋を主宰している僧侶の名和英海と申します。

私は幼少より親の目・人の目を気にする神経質な人間でした。
どうやったらほめてもらえるだろう、何が出来たら認めてもらえるだろう・・・
そして嫌われないように、失望されないように、怒られないように、そればかりを考えて生きてきました。

コンプレックスもたくさんありました。
私は広いおでこ・薄眉・細髪の三拍子が揃っており、しょっちゅうハゲハゲといじられていました。
また、異性と話が出来ない、人前でものが食べれない、ここでは書けない性的な悩みなど、人知れず辛い思いをいくつも抱えていました。
周りに友達はいましたが、心はいつも孤独でした。

それでも幸か不幸か、人前でうまく立ち回る・自分を偽って大きく見せることに対する努力への情熱と少しばかりの才能があったようで、有名大学・一流企業と、コンプレックスを隠し通し、誰もが私は「何の悩みもなく成功した人生を送っている」と思っていたと思います。
人に羨ましがられることはあっても、悩みを抱えて苦しんでいることを知る人間は誰もいませんでした。
でも、私の心は今にも張り裂けそうでした。

もっともっと私を認めてほしい!そんな焦燥とした思いに駆り立てられながら、と同時にそれなりの結果を出してきたうぬぼれも手伝って、起業を志して会社を辞めました。
しかし、しょせんは井の中の蛙、今まで人に支えられてここまで来れていたことも知らずに、自分一人の力と思い上がっていた張りぼての自信がガラガラと崩れてゆきました。
何とかしなければと嘘に嘘を塗り重ね、気がつけばお金も友人も自尊心も、全てを失いました。
何もかもから逃げ出したい
出家。
考えてみれば、生まれて初めて親の反対を押し切って選んだ道だったかもしれません。
お寺での毎日は、予想に反して楽であり、しかしある意味耐え難いものでした。
早起きや正座という身体的な苦痛もありましたが、何よりもエリートとしてバリバリ働いていたこの私が、日がな一日掃除と読経だけの、何の能力も必要としないあまりにも非生産的な毎日を一年二年と続けてゆくのです。

誰の役にも立っていないという怖れ!

しかしある時、はたと気づいたのです。
なんと私は全く嘘をついていない!?
あれだけ隠そう隠そうとしていたおでこを坊主にしてさらけ出し、毎日かっこ悪い作務衣で過ごし、一銭も稼がず何の役にも立っていない私が、生きていることを許されている。
いつの間にか私の心は平和でした。

今まで自分を守るために、人にも自分にも嘘や言い訳をどれ程してきたことでしょう。
けれどもいつも苦しいままでした。
嘘をつかない、自分を大きく見せない、ありのまま等身大の自分。
自分を守ろうとすることをやめた時、一番心が平和だったのです。

友達をなくした、そう思っていた私にとって結婚式は恐怖以外の何者でもありませんでした。
ところがみんなは許してくれていました。そしてお祝いに来てくれました。
自分を守ることをやめた時、人が世界が私を守ってくれるようになったのです。

私が問題だと思っていた悩みは全て、原因分析などすることなしに、いつの間にかほとんど解消されていました。
ただ嘘をつかないというそれだけで!
これが仏教の本当の力なのです
祈祷、信仰、儀式、作法、それらは仏教の本質ではありません。
仏(全智者)の教えに基づく生き方は、それ自体がパワフルな問題解決法そのものだったのです。

何もしなくていい。
そのことを知ったはずの私は、現在おそらくあなたよりもずっと忙しく社会活動に動き回っています。
自分に正直になると、やりたいこと・やるべきことがはっきりと見えてくるからです。

その中で、もしも昔の私と同じように悩みを抱えている人がいるならば、本当の仏教「Solution Forcus Buddhism」を伝えてゆきたいと思っています。
坊さんとしてというよりは、同じ悩める人間として、ラフにTシャツでやりますから、あなたも気軽に会いに来て下さい。

都内各地で開催中です(定例会場は武蔵境・調布の西方寺)

都内近郊3人以上が集まれば出張講座します。場所は自宅でもレンタルスペースでも構いません。



あ、一番大事なことを忘れてました・・・

結局のところ、人との出会いが人生を変えるんだということを。

本を何十冊読んでも何も変わらなかった私の人生が、金子先生(現在長野本山大住職)に出会って変わったように。
あなたとお会いした時には何が起こるのか、あなたとの一期一会を楽しみにしております。







追伸
どうしても直接寺子屋に来る勇気の出ない人、まずはメールでご相談に乗りますよ。


Happy, at rest, may all beings be happy at heart!
生きとし生けるものはみな幸いであれ、安穏であれ!



ご意見・ご質問等どしどしお寄せ下さい  ■寺子屋edu公式HP ■お問い合わせ


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

お釈迦様の前世物語〜オウム

『南伝大蔵経』には釈尊の前世すなわち仏陀となる以前に、生まれ変わり死に変わり気の遠くなる程の長い年月、菩薩としての善行を積んでこられたその生き様が、なんと546もの説話として収められています。
これらは「本生経」「本生譚」「ジャータカ」などと呼ばれ、アジアの仏教国の民衆に親しまれ、道徳的な生き方の手本とされ、伝承されてきました。
北伝の大乗仏教にも『六度集経』や『大智度論』などに釈尊の過去世物語が伝えられていますが、南伝のジャータカが童話のような絵物語が多いのに比べて、北伝の本生経は大乗仏教教義に裏付けられたより修行色の濃い物語が多いような気がします。
いずれにしてもこれらの説話は、「如何に生きるか」という菩薩道の実践にあたって大いに参考になるはずですので、私たちにとって分かりやすい、また役に立ちそうな説話をいくつか選んで紹介してゆこうと思います。


『南伝大蔵経』所蔵のジャータカ
むかし、オウムの森がありました。
オウムの王さまは無欲な鳥で、森の実のなるすみよい季節にはいつもみんなにいいました。
「木の実は必要なだけ食べるんだよ。けっしてそれ以上欲ばってはいけないよ」
また実のならないつらい季節には、
「森の木が枯れないよう、葉や芽をすこしずつ食べるんだよ。あとは河の水をのんでがまんするんだ」
と教え、けっして他の土地に移ろうとはしませんでした。

これを見て帝釈天は感心しました。
「たいていの鳥は食べ物がなくなると他の土地へ移ってしまう。どうして彼らはわずかな食べ物に耐えて、森にいつづけるのだろう。よし、一度彼らを試してみよう」
帝釈天は神通力で森の木をことごとく枯らしてしまいました。
天の力の前に、オウムのなすすべはありません。
ただ心配そうに森を飛び回るばかりでした。
「さあ、オウムもさすがに他の土地へ移るしかあるまい」
そう帝釈天は思いました。

ところが、オウムたちはそれでも森を動こうとしませんでした。
彼らは枯れた木のくずを食べ、河の水をのんで飢えをしのいでいたのです。
そこで帝釈天は白鳥に姿をかえ、オウムの王さまに会いにやってきました。
「わたしたち白鳥でさえ、凍てつく冬には暖かい地方に渡ってゆく。ところが君たちは森がこんなに枯れてしまったのに、どうして森をすてて他の土地に移らないんだ」

すると、オウムの王さまはいいました。
「それは、この森に感謝しているからだよ。わたしたちは今日までこの森の木々によって命をながらえてきた。ある時は実や葉を食べ、ある時は枝に休み、この木々と語りながら毎日を過ごしてきた。この森はわたしたちの大切な友だちであり、恩人なんだ。その森が苦しんでいるというのに、見捨てられるわけないじゃないか」

「そういうことだったのか。ありがとう。わたしは今、真の友情というものをしみじみ教えてもらったよ。お礼に君たちに贈り物をさせてほしい。なんなりといってくれたまえ」
「今はこの森がもとどおりになってくれることだけが願いだよ」
「よし、わかった」
白鳥は河にどぼんととびこみ、翼に水をたっぷりふくませると、森にその水をふりそそぎました。
するとどうでしょう。
枯れ木はみるみる生き返り、枝がはえ、葉がしげり、果実がたわわに実ったのです。
オウムの王は目を輝かせていいました。
「ありがとう。わたしたちの森が生き返ったよ!」

オウムたちの喜ぶようすに、帝釈天の白鳥はしみじみと、
「生き物はみんなこのように生きてほしいものだ」
とつぶやき、そのまま天界へ帰っていったということです。

『ジャータカ絵本』(諸橋精光著)大法輪閣
帝釈天の「お礼に君たちに贈り物をさせてほしい。なんなりといってくれたまえ」に対して、
「今はこの森がもとどおりになってくれることだけが願いだよ」と答えられる心境が素晴らしいですね。
あたり前のことがあたり前であること、究極的にはいまここに生きていることに心から感謝できれば、それ以上に何を求める必要があるでしょうか。
空三昧(実体なし)・無相三昧(対象なし)・無願三昧(欲望なし)を三解脱門といって菩薩の安住する無執着の境地を表していますが、まさに無願にふさわしい逸話です。
「ひとつだけ願いがかなうとしたら何を願う?」という問いを誰でも必ず一度は考えたことがあるのではないかと思いますが、さて皆さんの願いはどんな願いだったでしょうか?






【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
菩薩の生き様 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト





【親の背中プロジェクト】3stepで地球に優しい人間に
1step理解する⇒ストレス解消法について知りたい方はこちらから
2step体験する⇒プチ修行について知りたい方はこちらから
3step継続する⇒菩薩道について知りたい方はこちらから
ストレス解消法&菩薩道習得サイトHOMEへ戻る

(C)月替りで各種修行体験ができるこころ寺子屋
- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bosatsudo.jugem.jp/trackback/54
この記事に対するトラックバック


≪18歳〜39歳≫
≪定員10名申込順≫
プチ修行に挑戦してみる? bij
こころ寺子屋

無料ブログ作成サービス JUGEM
Add to Google
My Yahoo!に追加